Webサイト・ホームページの開設は自作する場合、技術的な専門知識が必要ですし、プロに依頼して制作・作成すると費用がかかり、資金力のある企業のみがWebサイト・ホームページを持っているような状況でした。
現在では、中小企業から個人事業主までWebサイト・ホームページを持つようになりました。それは技術的に簡単に作れるようになったという理由もありますが、何と言ってもWebサイト・ホームページには大きなメリットがあるからです。

Compact Marketingが考える

  • Webサイト・ホームページを持つメリット
  • Webサイト・ホームページを持つデメリット
  • Webサイト・ホームページを持たないデメリット

について、解説します。

Webサイト・ホームページを持つメリット

Webサイト制作・ホームページ制作のメリット 成長 Compact Marketing

まず始めに、Webサイト・ホームページを持つメリットについてあげてゆきます。

  1. ビジネスの場において信頼感が得られる
  2. インターネット経由で集客が可能になる
  3. 情報発信することによって営業ツールのひとつとして活用できる
  4. アクセス解析等によってマーケティングにも活用できる
  5. 訪問・対面営業に比較して経費の削減ができる
  6. 求人募集メディアからの受け皿として活用できる
  7. 社内スタッフにも良好な影響を与えられる

Webサイト・ホームページ開設するということは、ネット上で自社についてさまざまな情報を公開し、自社の強みや優秀さをアピールしていくということです。
例えるなら、24時間365日、休まず働いてくれる営業マンを雇うのと同様で、メリットが得られます。

ビジネスの場において信頼感が得られる

Webサイト・ホームページがあることで、ビジネスの場においての信頼感が得られます。Webサイト・ホームページは企業や個人にとって、インターネット上で「自己紹介」ができる名刺やパンフレットに代わるツールとなるからです。

お客様から「営業時間やサービスについてWebサイト・ホームページに情報はありますか?」等の問い合わせがあった場合にWebサイト・ホームページがあると双方の手間が省けます。手軽に初められるSNSや無料で公開出来るWebサイト・ホームページよりも公式のWebサイト・ホームページがある方が信頼感は高くなります。インターネットの存在が非常に身近になり、何か調べようと思ったときは、まずはスマホなどでネット検索することが普通になっている証拠です。

ネット検索が主流の現代において、検索してネット上に情報がなければ、「この会社、ホームページがないのかな?」となってしまい、結果的に信頼感も失ってしまうでしょう。

Webサイト・ホームページがあり少なくても事業内容などの基本情報が表示されていれば、それだけでもあなたの会社と取引を考えていた人は安心します。 さらに最新の情報や、問い合わせ窓口となるお問い合わせフォーム等もあれば、Webサイト・ホームページを見た潜在顧客からの信頼感は高まります。

インターネット経由で集客が可能になる

Webサイト・ホームページを開設することで、ネット経由での集客をすることが可能になります。ネットで検索した時に自社のWebサイト・ホームページが上位表示されれば、そこから自社のWebサイト・ホームページに訪れる人が増えてきます。

検索エンジンでの検索結果は上位ほどクリック数が多くなるため、検索結果の上位に表示される検索エンジン最適化(SEO/Search Engine Optimization)の施策を行って集客を行います。

自社商品に関連するキーワードで検索をした人がアクセスしてくれるようになれば、潜在顧客も増えて売り上げアップも見込めます。

情報発信することによって営業ツールのひとつとして活用できる

Webサイト・ホームページを開設して情報発信することで営業ツールのひとつとして活用できます。

Webサイト・ホームページ上に必要な情報、見込み客にアピールしたい最新情報や商品の訴求ポイントをまとめたページなどを掲載しておくことで、パンフレットや営業資料などが手元になくても、Webサイト・ホームページを営業ツールとして使うことができます。

お客様との打ち合わせの場には、ノートパソコンやタブレット等を持参し、画面を表示しながら説明することができますし、お客様が興味を持たれた商品があれば、商品紹介ページをプリントアウトしてご提供することも可能になります。

会社案内や商品案内のパンフレットなど、印刷物の改定はコストもかかるため頻繁に行えないケースもありますが、Webサイト・ホームページであれば最新の情報がすぐに掲載でき、また追加や修正も印刷物と比べて容易なため、商品のアピールや営業もパンフレットを製作することなく行えます。

アクセス解析等によってマーケティングにも活用できる

アクセス解析等を利用することで、マーケティングに活用することができます。

アクセス解析の方法、手法はたくさんありますが、アクセスの多い時間帯や期間はいつか、どんな「キーワード」で検索する人が多いのかなど、実際のデータを集めて分析することで、自社マーケティング活動において方向性の指標になります。
また、Webサイト・ホームページ上にアンケートフォームを設置して情報を集めることも有効な手段です。

訪問・対面営業に比較して経費の削減ができる

Webサイト・ホームページを開設することで経費の削減につながるメリットがあります。

特に効果的に削減できるのは以下の3点です。

  • 交通費の削減:基本情報はWebサイト・ホームページを見てもらえばいいので、遠方に営業に行かなくてもよくなる
  • 人件費の削減:初期段階のセールスリードの獲得はWebサイト・ホームページが24時間365日営業活動してくれる
  • 広告費の削減:印刷物や露出広告の施策を打たなくても、潜在顧客はネット検索によってWebサイト・ホームページを訪問して自社を知ってくれる

交通費の削減は長期的な視野で見てみるとかなり大きな経費削減になります。また、Webサイト・ホームページの存在がある程度知られるまでの間は、広告費をかけて宣伝する必要がありますが、検索エンジンで上位表示が実現すれば広告費は大きく削減することができるでしょう。

求人募集メディアからの受け皿として活用できる

Webサイト・ホームページは求人募集のツールのひとつとして活用できます。現在の求職活動のほとんどはネットを介して行われています。ハローワークでさえ、求人情報はネットで発信している時代ですから、Webサイト・ホームページがないというだけで、求人募集のアドバンテージがなくなってしまいます。

例として、求人広告サイトを見てA社かB社のどちらに応募するかを検討している人が、情報をもっと集めたいと思った時に行うことはネットでの検索です。
ここで、A社にはWebサイト・ホームページがあり、B社にはなければ、A社のほうが得られる情報量が多いので、検討に値する企業と判断するでしょう。

また、ホームページがあれば、どんな人が働いているのかなどのスタッフ紹介もできますし、職場環境はどんな雰囲気なのか、どんなキャリアステップがあるのかなど、求職者が知りたい情報を掲載することで、求人募集もスムーズに行うことができるようになります。

社内スタッフにも良好な影響を与えられる

ホームページの開設は、社外にだけでなく、社内スタッフに対しても良好な影響を与えます。

たとえば、多忙な経営層は社員と接する時間も少なく円滑なコミュニケーションが図れないとします。
しかし、ホームページ上に「トップの自社に対する想い」などを掲載し、定期的に社長が現状を語るページ(ブログ)があれば、社員はそれを読み、社長の思いや考えをと自社の在り方の理解につながります。

社内報でも同様内容は掲載できますが、今日の若いスタッフは印刷物を読まないことが多く、ネットにある文章であればスマホなどを使って手軽に読むという傾向があるため、ホームページがあることでスタッフそれぞれが情報を共有できるようになり、モチベーションをアップすることも可能なのです。

Webサイト・ホームページ開設の3つのデメリット

Webサイト・ホームページ開設の3つのデメリット Compact Marketing

メリットの多いホームページ開設ですが、もちろんデメリット少なからずあります。

  1. 継続した運用にランニングコストがかかる
  2. 戦略的に運営しないと思ったような効果が出にくい
  3. 一般企業の場合、社内で最低1名はホームページ担当者が必要になる

継続した運用にランニングコストがかかる

ホームページ開設のデメリットの一つは継続した運用にコストが発生することです。

今日の費用の相場は、一般的に以下のようになっています。

  • サーバー代:
    1,000円〜100,000円程度/年
  • ドメイン代:
    1,000円〜10,000円程度/年
  • メンテナンスおよび管理費用:
    5,000円〜/月
  • 更新費用:
    5,000円〜/1回

*契約プランなどによって大きく変わります。

最近では、企業向けにWebサイト制作・作成の無料サービスも提供されていますが、ある程度規模の企業の場合、無料では活用が限定されてしまい思ったような施策が打てないケースが想定されます。

では、有料プランを選べば想定通りの活用ができるのかについても疑問が残ります。
無料、有料を問わず担当者の用意などのランニングコストは必ず発生するため、自社の成長戦略に見合ったホームページ運用の費用対効果の算出を検討することが望ましいと言えます。

戦略的に運営しないと思ったような効果が出にくい

ホームページは、ブログやSNSと違って、戦略を立てて運営していかないとなかなか効果が出せません。
なぜなら、ホームページは24時間休まず働いてくれる営業スタッフですが、営業戦略がないままホームページを作っても、看板程度しか役に立たないからです。

今日では、簡易に利用できるホームページ作成サービスもあるため、開設しようと思えば1日程度の作業で基本情報の掲載なら作ることも可能です。
しかし、ホームページからの効果が発揮されるまでには、ある程度の時間がかかります。

長期的に運用しながらコツコツとページを増やし、アクセス数を伸ばし、何度も訪問してくれるファンを増やすためには運営戦略が必要になります。
戦略的な指標がないWebサイト・ホームページではなかなか効果は出ず、業績につながるツールにはなり得ません。

一般企業の場合、社内で最低1名はホームページ担当者が必要になる

一般企業がホームページを運用する場合、社内に最低1名は担当者が必要になります、新鮮な情報を掲載し、定期的にセキュリティ対策を行う必要があるからです。

最近では、企業のWebサイト・ホームページに攻撃を仕掛けるネット犯罪も増えています。
例として、一時的にアクセスできないようサーバーをダウンさせ、不正にアクセスして内容を改ざんされるなどの被害を受けることの可能性も否定できません。

中小規模の企業がホームページ運営をする場合は、外部の制作会社に依頼をするのが安全です。
ホームページの準備段階から関わってもらい、制作から保守運用、そしてセキュリティ対策を委託することで費用対効果が望めると考えられます。

Webサイト・ホームページを持たないデメリット

Webサイト・ホームページを持たないデメリット Compact Marketing

ホームページ開設のメリットとデメリットの後には、「ホームページを持たない」デメリットも考えます。

  1. ネット経由の潜在顧客を失い続ける
  2. 顧客から信用されない、信頼されない
  3. ネット経由の問い合わせに対応ができない
  4. ホームページを持っている競合他社より劣ったイメージになる
  5. 求人採用に苦労する

ホームページを持たないデメリットは多いのですが、やはり信用度や信頼度が落ちてしまうことが企業にとっては大きなデメリットといえます。

ネット経由の潜在顧客を失い続ける

ホームページは、きちんと制作して継続的に運用していくことで、24時間営業活動をしてくれる優れたツールになります。ホームページがないということは、この優れた営業ツールを持っていないということになります。

つまりせっかくの営業活動の機会損失に繋がり、潜在顧客を失い続けることになるのです。

ホームページで発信できるものはたくさんあります。

  • 製品・サービスの案内
  • 企業の沿革や歴史
  • 事業内容
  • 経営状況
  • 経営理念
  • 経営層の考え方
  • 社風やスタッフ紹介
  • 社会貢献活動の状況

上記のように、主に企業のプロモーション活動を行うことができます。

ホームページがない場合は上記のような情報発信はパンフレットなどで行いますが、新商品が発売されたからといってすぐに新しいパンフレットを印刷することはなく、数年に1回の改定を行うのが普通でしょう。

ホームページがないことで新鮮な情報が既存顧客だけではなく、潜在顧客にも届かないので。
それによって、せっかくの新規顧客に対するアピールの機会を失い続けてしまうのです。

顧客から信用されない、信頼されない

Webサイト・ホームページを活用していない会社は、顧客から信用されず信頼されない傾向があります。
ホームページを開設して事業内容などから経営方針や経営理念などをネット上でオープンにすることが、自社に対する信頼を高めることになります。
さらには、今日では個人商店でもホームページあるのに、一般企業がホームページを持たないことで、ネガティブな印象を持たれるケースも想定されます。

ネット経由の問い合わせに対応ができない

ホームページがないとネット経由の問い合わせに対応ができません。
最近では、気になることはすぐにネット検索して調べる人が多いため、検索しても連絡方法が見つからなければ、そこで探すのを断念してしまうでしょう。
あなたの会社や製品に興味を持って検索してくれた人がいても、ホームページがないことで潜在顧客からの問い合わせの機会を失ってしまうことになります。

Webサイト・ホームページを持っている競合他社より劣ったイメージになる

ホームページがないと、ホームページがある競合他社より劣ったイメージを持たれてしまう傾向があります。
たとえば、ある商品について興味を持ち、良さそうだったら購入しようと思っている人がまず行うことはネット検索です。

せっかく興味を持って検索してみたのにホームページがない企業だと気づいたら、信頼感を得られず、ホームページがる競合の商品購入を検討する可能性があります。
さらには、既存顧客からの信頼感も得られにくくなります。

ホームページがる企業の方が情報をオープンにしているため、公明正大と感じられて印象が良くなります。
最悪の場合、ホームページを開設しているライバル会社に既存顧客を奪われてしまう可能性もあります。

求人採用に苦労する

ホームページを持っていないと新入社員募集にも苦労をするかもしれません。
今日の若い世代は生まれた時にはすでにパソコンやスマホが存在し、身近にあることが普通だったデジタルネイティブです。

就職活動の情報源には、当然ネットを活用するため、ホームページがないというだけで就活生の就職先の選考候補から外れてしまうのです。
就活生の集まる合同説明会などに出展し就活生の注目を集めたとしても、ホームページがないために後で検討する情報が得られません。

これによって求人企業の信用度は下がってしまうでしょう。
就活生はパンフレットよりも、もっとリアルタイムで更新されているホームページの「活きた情報」が知りたいと考える傾向にあります。

またホームページを持っている他社と比べられてしまうため、自社が非常に不利な立場になってしまいます。

Webサイト・ホームページが必要か不要なのかを判定する2つのポイント

Webサイト・ホームページが必要か不要なのかを判定する2つのポイント Compact Marketing

ここまで、ホームページを開設するメリット・デメリットとホームページを持たないデメリットをご紹介してきました。
ここではホームページが必要か不要かを判定するポイントをご説明します。

基本的にほとんどのビジネスでWebサイト・ホームページを持つことでメリットを得られます

Webサイト・ホームページを持つメリットでご説明したように、業界・業種などにこだわらず、ほとんどのビジネスでWebサイト・ホームページを持つことでメリットを得られることは間違いありません。
特に人材不足に陥りやすい小規模ビジネスでこそ、ホームページが「もうひとりの営業・宣伝スタッフ」として活躍をしてくれるでしょう。

Webサイト・ホームページへ予算がかけられない個人事業主であっても、長期的な経営視点からも早めにホームページの開設と活用をおすすめします。
なぜなら、Webサイト・ホームページは長期運用をすることで、検索エンジンからも高い評価を得ることができるからです。

予算、人員、運営計画の3つの要素が含まれているかで判断を行う

Webサイト・ホームページを開設するかどうするかは、予算、人員、運営計画の3つの要素が含まれているかで最終的な導入を判断します。
ホームページは開設してそれで終わりではなく、継続して運用することが大切です。

また開設前にどういったことを目的に開設するのかしっかりと数値目標も含めた計画を立てておくことで、企業にとっての有益なホームページになります。
そして、継続運用にはランニングコストが発生することも理解しておきましょう。
企業の場合は、セキュリティ面から考えても最低1名の担当者が必要になります。

まとめると、ホームページを作るタイミングなのかどうかを決定する要因は以下の3点です。

  • 運営計画はできているか?
  • ホームページ運用の予算は必要にして充分か?
    (目標実現のために継続的な予算が確保できるか)
  • 担当者の準備が可能か?

上記の3つをしっかりとチェックして、Webサイト・ホームページ開設の決定をしましょう。

まとめ

業界・業種などにこだわらず、ほとんどのビジネスにおいて、Webサイト・ホームページがあるとメリットが大きいでしょう。
もう一度、Webサイト・ホームページを持つ7つのメリットを復習しておきましょう。

  1. ビジネスの場において信頼感が得られる
  2. ネット経由で集客が可能になる
  3. 情報発信することによって営業ツールのひとつとして活用できる
  4. アクセス解析等によってマーケティングにも活用できる
  5. 訪問・対面営業に比較して経費の削減ができる
  6. 求人募集メディアからの受け皿として活用できる
  7. 社内スタッフにも良好な影響を与えられる

自社でホームページの立ち上げに精通したスタッフの確保ができない場合は、実績があり信頼のおける制作会社に依頼するのも一つの方法です。

Compact Marketing は、個人事業主様から中小企業様に向けた「料金プラン」とスピーディな制作進行でお客様のホームページ開設を応援いたします。
また、開設後の保守運用は「Web玄人」としてサービスのご提供をしております。

さらには、お客様のWeb活用を支援する「Webマーケティング」サービスもご用意して、お客様のお悩みや実現したい目標のサポートをいたします。

まずはお気軽に、お問い合わせください。

お問い合わせ

Previous Postサービス開始のご挨拶
Next PostWebマーケティングについて