「Webマーケティング」と言われると、単純にPPC広告とSEO対策の総称と思う方もいると思いますが、「Webマーケティング」を簡単に言うと、オンラインショップなどのWebサイトやWebサービスにより多くのユーザー(消費者)を「集客」し、Webサイト上に掲載された商品・サービスなどの購入を促すための活動です。

「Webマーケティング」と「その他のマーケティング」で大きく違う点があります、それは施策効果が全て数値で確認出来ることです。
ここでは、私たちCompact Marketingが考えるWebマーケティングについて解説いたします。

Webマーケティングの重要性

インターネットが普及した現在、ネット通販、旅行の予約、食事の予約、チケット予約、情報収集、SNS投稿等、生活になくてはならない存在になっています。
ビジネスにおいても、Webサイトは、直接、ユーザーとつながれる企業活動の軸として企業の情報発信ツールにかかせない状況です。

それに伴い、他のマーケティングツールよりも低コストで高い効果が期待でき、施策効果が全て数値で確認出来ることで「Webマーケティング」の重要性が高まっています。

Webマーケティングの目的

インターネットが普及し、スマホやパソコンをほとんどの人が持つようになり、気になったことはWeb上で検索し、調べるのが当たり前になりました。

そのため、集客や販売促進を行う際、Webサイトを軸としたマーケティングが必要になっています。

Webマーケティングはターゲットを選定し、そのターゲットに合わせた販売促進を行うことが大切です。

Webマーケティングはコンテンツを作成し、公開したら終わりではなく、流動的に公開したコンテンツを育てていく必要があります。
現在の見込み客や顧客が、どのようなサービスを求めているのか市場調査し、ターゲットのニーズに訴求していくことが大切です。

Webマーケティングの集客施策

ここでは、主だったWebマーケティングの集客施策をご紹介します。

集客施策

Webマーケティング 集客施策 Compact Marketing

SEO対策

SEOは、GoogleやYahoo等の検索エンジンで検索しているユーザーに、サイトをより多く見てもらえるようにする施策です。
Webサイト・ホームページを運営している方なら誰もが検索エンジンを意識して、検索順位アップ・上位表示に結びつける対策をする必要があります。

Webサイト・ホームページへの集客は依然として検索行動からの流入が多く、検索ユーザーが求める情報がWebサイトに掲載されているか、そして、より良い情報が掲載されているかによって、検索結果が変わってきます。

SNS広告

SNS広告は、Facebook、Twitter、Instagram等のSNS上に広告を掲載することです。

スマートフォンとSNSの普及で、伸びている集客手法で、SNS上で自社公式アカウントを公開し、情報を発信や、ユーザーとコミュニケーションをとることが可能です。
ターゲットとなるユーザー層や取り扱う商品によっては、SNS内で商品の購入が可能になっています。

メルマガ(メールマガジン)

メルマガは、登録ユーザーに定期的にキャンペーン情報や商品情報を配信し、購入や申し込みを促す施策です。

メリットは、自社商品やサービスにある程度興味を持ってくれているユーザーに情報を配信できることです。
また、検討する期間が長い商品やサービスについても、ユーザーが利用するタイミングまで関係を継続させることが可能なので、ユーザーが必要になったタイミングで購入や導入をしてもらえます。

リスティング広告(PPC広告)

リスティング広告とは、GoogleやYahooの検索結果に表示される広告です。

自然検索で表示されるサイトよりも、上部に広告と記載されながら表示されるので、より多くの見込み客に見てもらえます。
広告の出稿は、入札形式となり入札単価次第で掲載順位が決まります。

ディスプレイ広告(バナー 広告)

ディスプレイ広告とは、ユーザーがWebサイトを見ているときに表示される広告です。
ディスプレイ広告やアドネットワーク広告と呼ばれることもあります、有名なのはGoogleやYahooですが、さまざまなディスプレイ広告媒体があります。
ディスプレイ広告媒体ごとに、広告を配信する対象ユーザーのターゲティングなどにそれぞれ違いがあります。

接客施策

LPO対策

LPO対策とは「Landing Page Optimization」の略で「ランディングページ最適化」となります。
ユーザーが検索結果や広告を経由して、最初に訪れるページのことを「ランディングページ」と言います。このランディングページを最適化し、ユーザーが目的を達成しやすい、もしくは達成させるための施策を「LPO対策」と言います。

EFO対策

EFO対策とは「Entry Form Optimization」の略で「入力フォーム最適化」となります。
お問い合わせや申し込みフォームの入力項目が多く、入力内容がわかりづらく、エラーになることが多い場合、入力を途中でやめてしまうことがあります。
これらに対応し、入力フォームを最適化し、入力フォームからの離脱率を改善することを「EFO対策」と言います。

関係継続施策

顧客や見込客との関係を継続する施策は、主にSNS運用やメルマガの配信があります。
SNS運用やメルマガは顧客との継続的なタッチポイント(企業と顧客とを結ぶあらゆる接点)を得る良い手段で、どちらもプッシュ型のメディアと考えています。
特にSNS運用は安価で始められるため、オススメの施策と言えます。

まとめ

ここまで、Webマーケティングにおける施策内容を簡単ではありましたが解説しました。
解説した施策全てを一気にやることは難しいと思います。

また、事業内容やサービス・商品によっても、どの施策があっているのかということになると思います。
一つ一つを積み重ねていくことが大事です。

まずはお気軽に、お問い合わせください。

お問い合わせ

Previous PostWebサイトを持つメリットとWebサイトを持たないデメリット
Next Post初期SEO対策設定について