コーポレートサイト制作 | 湘南(神奈川)のWebサイト・ホームページ制作,Webマーケティングサービス|Compact Marketing(コンパクトマーケティング)

Features

企業におけるコーポレートサイトの重要性は広く理解されています。

ところが、汎用的な設計である程度のレベルが構築できるために、きちんとした効果測定ができるまでに至らないケースが多く見られます。

基本情報さえ抑えておけば、社内のリソースや無料サービスの利用でもコーポレートサイトの構築だけは可能です。 しかし、自社の強みを活かした情報発信を行うためにはプロの視点が必要になります。

確実に目に見える効果が得られないコーポレートサイトは、その存在意義を持たずに数多ある情報の中に埋もれてしまうでしょう。

コーポレートサイトの目的と果たすべき役割

Webサイトの目的

重要なのはWebサイト目的を明確化することです。
自社の強みを訴求するべきコーポレートサイトにおいて、全方向的な情報発信だけでは競合企業との差別化はできません。

コーポレートサイトの目的には以下のような要素が考えられます。

  • 企業ブランディング
  • サービス・製品の訴求
  • 他の自社サービスサイトへの誘導
  • IR情報の発信
  • 採用情報

発信する情報に自社の強みを考慮して優先順位をつけることでサイトの目的が明確化され、サイトのゴールに不可欠なコンテンツとその見せ方が決まります。

Webサイトの役割

  • 企業の存在意義を高め信頼を獲得
    ステークホルダー(利害関係者)への正しい情報の開示と発信は、企業への信頼性の向上に益します。 現時点での企業価値だけではなく、将来を見据えたミッションを明記した情報も有益です。
  • 売上アップ
    サービス、商品、事業内容の掲載で、既存顧客への訴求と、リードナーチャリング(見込み顧客の育成)が可能になります。
    展示会や広告からのセールスリードに対して、継続的にコミュニケーションを図ることが商談へと繋がります。
  • 取引先や求職者への企業ブランドの向上
    取引先や求職者などのステークホルダー(利害関係者)が、必要な情報にすぐたどり着ける情報設計と最新情報の発信を行います。 訪問者の期待に対しての満足度を高めることで、信頼獲得から企業ブランドが向上します。

ターゲットの選定

目的と役割とも密接に関わってきますが、ターゲットの正しい選定も重要な項目です。
コーポレートサイトは「製品特化型サイト」や「求職サイト」等とは違い、様々なステークホルダー(利害関係者)が訪問することに留意します。

ステークホルダー(利害関係者)としては、社員、取引先、見込み客、潜在顧客、株主、求職希望者などが挙げられます。
このステークホルダー(利害関係者)に対して、自社としての優先順位を設定し、それぞれが求める情報を過不足なく提供することも役割の一つになります。

コーポレートサイトにおけるWebサイトの課題と目的

課題

まず具体的なゴール(KGI)と指標値(KPI)、そして指標を満たすために取り組む課題(アクションプラン)が明確にされており、部門間で共有されている必要があります。

さらに、自社の営業活動、マーケティング活動、商材、ターゲット等、企業活動全体を捉えた上でWebサイトの役割を明確にし、必要なコンテンツがなければコンバージョン(資料請求・セールスリード)には到達しないでしょう。

株主、投資家、求職者、顧客など、企業にかかわるステークホルダー(利害関係者)は多岐にわたります。コミュニケートする相手に合わせたコンテンツと、機能的な導線の設計が重要です。

  • セールス部門との連携が取れていない
  • 問い合わせや資料請求が少ない(サイトゴール未達成)
  • アクセス数が増えない

新規制作・リニューアルの目的

企業・製品・サービスのブランディングが目的の場合、まずは多くの人に認知されるようSEOを意識し、その上で各訪問客のニーズ沿ったアプローチをしてアクセスを増やしてゆく必要があります。

次に、狙ったターゲットに対して、製品やサービスのキーワードで検索エンジンの上位表示を目指すためにコンテンツの充実や閲覧時間の増加などに注力していくのがポイントです。

また、製品やサービスのカテゴリー名(車、計測機器等)で検索してきたユーザーは企業ブランドを知らない可能性があるため、ブランドを身近に感じられるコンテキストに則り、自社ブランドで得られるベネフィットや信頼性を伝えていくコンテンツからユーザーゴールへの導線を設計し、コンバージョン(資料請求・セールスリード)を獲得します。

上記の目的達成のためにWebマーケティングの実施をご提案いたします。Webサイトの解析からの数値データに基づき、計画的なPDCAサイクルからWebサイトの継続的な改善を行います。

  • Webマーケティングの実施でKGI・KPIを明確に打ち出す
  • 製品・サービスコンテンツ強化とSEO対策でアクセス数を増やす
  • コンバージョンを獲得するための導線設計の継続的なブラッシュアップ

コーポレートサイト制作への提案

Webサイト構成

オススメプラン:

  • スモールプラン
  • スタンダードプラン
  • フルオーダー
  • スモールプラン + Webマーケティング
  • スタンダードプラン + Webマーケティング
  • フルオーダー + Webマーケティング

ポイント:

  • 精査されたターゲットへの的確な情報発信
  • 強みに特化したコンセプトとブランディング戦略策定
  • 売上アップにつながるセールスリードの獲得を目指したコンテンツ作り

Webサイト制作

Webサイトの新規制作, 既存Webサイトリニューアルの企画・設計・デザインを行います。
法人・個人問わず、商品・サービス・店舗・病院・美容系・学習塾サイトなどあらゆる業種のWebサイト制作に対応可能です。

スマートフォン対応サイト制作

スマートフォンでの検索数や利用者の増加で、Googleはスマートフォンに対応したサイトが優先的に表示される、モバイルファーストインデックスへ移行しています。
これらの背景から、SEO対策にスマートフォン対応は必須です。
スマートフォンでの操作や閲覧を意識したUI・UXデザインを行います。

Google SEO対策

Google 検索エンジンに評価され、御社のゴールに合わせてWebサイトのソースコード、コンテンツの最適化、表示速度改善、Google Analytics・Search Consoleへの登録など、Googleにインデックスされるよう基本的な内部対策を実施します。
検索結果、上位表示を狙いたい方には現状調査・競合調査・キーワード分析を元にした戦略的なサイト設計を行うSEO対策もお引き受けしております。

私たちの使命

Compact Marketingは、Webサイト制作及びWebサイトの更新等で問題解決の一助となり、お客様と共に成長出来るようお手伝いいたします。

売上アップに直結したコンテンツ制作でセールスリードの獲得を目指します。汎用的ではなく、自社の強みに特化したWebサイト制作を進めてゆきましょう。

コンパクトマーケティング - Compact Marketing

Compact Marketingは、Webサイト制作・ホームページ制作で企業活動を支援します!

Webサイト制作・ホームページ制作をお客様の予算、目的、体制に合わせて
複数の制作プランを組み合わせて、柔軟に対応いたします。