Webマーケティング | 湘南(神奈川)のWebサイト・ホームページ制作,Webマーケティングサービス|Compact Marketing(コンパクトマーケティング)
Let's Do This

Webマーケティング

中小企業向けマーケティング支援サービス

リアルなニーズでユーザー主義なマーケティグを!

大企業とは異なる中小企業ならではのWebマーケティング手法に注力し、現状の施策からボトルネックを探し出し、優先順位に則ったソリューションをご提案します。
低予算でも費用帯効果を上げてゴールの獲得を目指しましょう。

Learn More

Webマーケティングで課題を抱えていませんか?

  • SEO対策をしたいけど、どう進めていいかわからない...
  • コンテンツマーケティングをしたいけど、どう進めていいかわからない...
  • Webマーケティングしたいけど、何をしたらいいの...
  • Webサイト・ホームページのアクセス数が伸びない...
  • インターネットを活用した顧客獲得に理解をしてもらえない...
  • 記事(コンテンツ)の更新を行いたいが、どんな内容を更新すれば良いのか分からない...
  • 自社の製品やサービスがブランド化できていない...

コンパクトなマーケティング

リアルなニーズを元に、小さく始めて、大きく育てることが、
Compact MarketingのWebマーケティングです!

魅力的な商品をインターネット上でアピールする企業やネットショップが増えてきたことで、インターネット上で企業と顧客が、より密接に関係するようになっています。
特にSNSで、企業と顧客が親密にコミュニケーションをすることが、普通になっていることから、Web上でのマーケティングが非常に重要です。

OUR SOLUTION

解決策01

Webサイトの目的及びゴールの設定

Webサイトの構築・運用を行う上で最も大切なことが、「目的」と「ゴール」を正しく設定することです。
正しく目的とゴールを設定することで、Webサイトの「成功している」「成功していない」を判断します。

また、目標を設定する際に誰に見てもらうのかを明確にすることが重要ですが。この設定が曖昧だと設定した目標があやふやになり、PDCAサイクルを回してもWebサイトの効果測定が正しく行われず、いたずらにリニューアルを繰り返すだけの状況に陥りがちとなります。

解決策02

Webサイトの広告・宣伝

広告・宣伝施策を行う際に重要となるのがKPIすなわち重要業績評価指標の設定です。
KPIはKGI(重要目標達成指標)を達成するまでの中間目標といえますが、様々な目標を立てることができます。

例えば、インプレッション(表示回数)、CTR(クリック率)、CV(コンバージョン)等について具体的な数値目標を設定して広告・宣伝施策を打つことが重要となります。
比較的に短期で効果を出しやすい手法が有料広告です。Google広告、Yahoo!スポンサードサーチ等のリスティング広告やFacebook、Instagram、Twitter等のSNS広告が該当します。

中長期で行う施策としての、SEO対策、ブログメディア運用などはコンテンツの質が重要になってきます。

解決策03

コンテンツ(ページ)を増やす

コンテンツ(ページ)を増やすメリットとしては、「検索エンジンから評価を受ける箇所(コンテンツ)が増える」「コンテンツに使用した文字で検索されたときに検索結果への露出が増える」「来店・購入のきっかけとなる人気コンテンツ」が生まれる可能性が増える」等があげられます。

また、高品質なコンテンツの掲載で、「信頼感・安心感・問い合わせのしやすさが向上する」ことや、コンテンツの内容によっては、「強力な新規集客・リピートツールになる」といったことが挙げられます。
集客広告の実施と共に、戦略的な受け皿としてサイト運営者とサイト利用者双方にとって有益なコンテンツを作成・保有することが重要です。

解決策04

コンテンツの質を高めSEO対策を行う

コンテンツSEOとは、検索エンジンから多くのトラフィックが集められるように、良質なコンテンツを継続的に発信していき、サイト内のコンテンツを充実させていくSEO対策の手法です。
具体的には、当初から上位表示の難易度が高いビッグキーワードを狙うのではなく、競合の弱いロングテールキーワードを中心にコンテンツに落とし込みます。

常に競合調査を行いながら、自社サイトでも勝てるキーワードを選定し、オウンドメディアを構築することで着実に上位表示する記事を増やしていきます。

解決策05

コンテンツ内容を改善し、ユーザー目線でコンテンツを考える

ユーザー目線でコンテンツページの構成を考える場合、大きく3つのポイントがあります。
「タイトル」でこのコンテンツはユーザーにとって有益な情報だと伝える(読むか読まないかの判断)「リード文」には本文を読むメリットを含める(本分の要約を読んで続きが読みたくなる工夫)「小見出し」では本文の内容を一目で伝える(本文を読む直前の最後のフック)タイトルで惹きつけ、リードで期待させ、小見出しで本文へ誘う。最後まで読んでもらうにはユーザーの目が行く場所とその順番を知り、それぞれの役割に応じた内容にすることが重要です。もちろん、本文自体の質も高いことが前提です。

解決策06

Webサイト内の導線を改善する

「どういうルートで閲覧者を移動させて成果に繋げるか?」というコアプロセスの設計が必須になります。考える軸は企業やサービスの理解度を高める(ユーザーを育成する)上で特に必要な情報ページをストーリー性を持って設定し、「Aというページにいる人に次どのページを見てもらいたいのか?」を明確にする必要があります。

コアプロセス設計時の注意点は大きく2点に絞り込めます。

  1. ランディング(閲覧スタート)ページの複数想定:主要なランディングページに関しては、トップページ同様にコアプロセスを設定しておくべきです。
  2. プロセスの前後の想定:コアプロセスの設定は制作側の想定のため、ユーザー目線で可能性を限定せずに選択肢を広げて検討するべきです。

解決策07

お問い合わせフォームの改善を行う

コンバージョンの改善に最も重要と言えるお問合せフォームの改善のポイントは下記が離脱の一般的な原因です。
入力項目が多い、入力段階が多い、入力がリセットされる、エラーの度に入力する必要がある、必須項目が分かりづらい、半角、全角の指定がある、フォーム内に別ページへのリンクがある

言い換えるならば、「わかりやすくて入力項目が少なく、1回で入力ができるフォーム」がユーザーが求めるお問い合わせフォームです。
改善ではユーザーの利便性を高めることが非常に重要です。対策をしっかりと行うことで、これまで離脱していたユーザーを獲得し、コンバージョンにつなげるます。

Webマーケティングの流れ

1,目標、目的の決定

Web集客のゴールと目的をお客様と打ち合わせで決定します。プロジェクトにおけるすべてのWebマーケティング戦略は、ゴールと目的に沿ってKGIとKPIの指標を策定して進めます。

2,競合分析・顧客調査

同業種や同様のサービスにおける競合他社の分析を通じて、お客様のWebにおける客観的な評価を分析します。
また、必要に応じて顧客アンケート結果やキャンペーン結果などのデータの開示をお願いすることがあります。

3,Webサイト・広告など現状のWeb施策の解析

数値情報に基づいた、Googleアナリティクス、サーチコンソール、広告レポート等で客観的な現状のWeb施策の解析を行います。

4,Webマーケティング戦略決定

各種調査と解析を元に、お客様とWebマーケティング戦略を協議して決定します。この戦略を基にWeb施策を策定してプロジェクトを進めます。

実施フェーズ

Webマーケティングのプランニング

解析を行った結果、目標・目的に合わせたWeb施策をプランニングしていきます。Webサイトの改善や各種広告運用など、費用対効果の高い最善のWeb施策を提案します。

Webサイトの解析、広告運用の解析

実施しているWebマーケティングの数値データをGoogleアナリティクス・サーチコンソール・広告レポートなどで解析します。解析結果を踏まえて問題点を洗い出し、お客様と一緒に新たなプランニングを検討、実施します。

注意事項
  • 解約・プラン変更は1ヶ月単位で承っております。 解約・プラン変更の申請は、月末の1週間前までにお申出ください。
  • ご契約内容によっては、ご契約致しかねる場合がございますのでご了承ください。
  • 制作会社様からのご依頼は、別途見積もりになる可能性があります。
コンパクトマーケティング - Compact Marketing

Compact Marketingは、Webサイト制作・ホームページ制作で企業活動を支援します!

Webサイト制作・ホームページ制作をお客様の予算、目的、体制に合わせて
複数の制作プランを組み合わせて、柔軟に対応いたします。